2018年2月12日月曜日

子どもの寝かせ方

 私は朝が弱いです。かなりの頻度で電車に乗り遅れそうになって、家から駅まで猛ダッシュします。私の他にも学生さんなどで息をぜーはーしながら電車に乗る人もいますが、さすがに私ぐらいの年齢でダッシュしている人は見たことがない。あまりにダッシュすると、次の駅に着くまでにまだ息が落ち着いていなかったり、汗だくになっていたりして、恥ずかしい。このおっさん、この年齢で何やってんの?もうちょっと落ち着きのある、ゆったりとした生活がしたいと思うには思うが、これはこれでありかな、と別に嫌でもなくなってきた。というのも、最近は走り慣れて来たのか、家から駅まで完全に止まらずにダッシュして、地下道を降りて上がっても含めても、そこまで息が切れなくなってきたんですよね。トレーニングの効果かな?余裕が出てきた。健康にも良いかも。だんだんポジティブにさえ思えてきた。やだやだ。
 寝起きの弱い私ですが、夜はしっかり寝たい派です。4,5時間しか寝なくても済む人ひますよね?私はダメです。だから、幼い子どもが家にいますが、絶対夜は早く寝て、朝ゆっくり起きて欲しい。
 私の療育やコンサルテーションであまり大きな力になれないことの一つが、睡眠です。行動分析をする人には、やはり行動が起こる場面に行って、その場で起こる行動を観察したい。ただ、夜寝る所にはさすがにお邪魔できないですよね。どうしてもご家庭で起こる行動のお話を聞いて、アドバイスを差し上げるだけになってしまいます。こうなると、もしたとえご家庭で、お母さまが気づいてらっしゃらないけど行動上は重大なミスを犯していたりしても、私はその場面を見ていないので、指摘してあげられないことになります。あまり役に立たないアドバイスだけで終わってしまう可能性もあるわけです。
 ちなみに長男は、アメリカ式とでも言いましょうか、1歳過ぎて卒乳したころから部屋に一人で寝かせています。ベビーモニターという監視カメラを付けて、何があっても監視できるようにしていますが、必要以上に長男の部屋に入りません。特にうちの子は親がいると(人がいると)興奮してなかなか寝付けません。バタバタ興奮して、ばたっと倒れるように寝る、という子どもの話をよく聞きますが、私の家庭では、早いうちから一人で寝かせる習慣をつけました。
 最初はギャン泣きでした。親がいるとなかなか寝ないし、部屋を去ろうとすると、すぐに足にしがみついてきます。こちらも疲れてきて、もう寝たい。他にもやることはある。「ねんこ!」と指示を出して、泣いても部屋を出ます。部屋には大人しか開けられないように、ドアに取り付けられる仕組みがあります。もちろんオンラインで購入です。ギャーギャー泣いて、ドアをどんどん叩いて、開かないからますます泣いて、結局泣き疲れて寝るようになっていきます。ひどい親ですね。最初はつらいです。最初は30分くらい泣いていましたかね。でもすぐに5分程度しか泣かなくなります。そして1ヵ月もしないうちに、ほぼ泣かなくなりましたかね。今では、ベッドに連れて行って歌を2曲歌ってあげれば、それで後は自分で寝てくれます。早く眠れますから、朝もすっきりです。長い目で見れば、親も子どもも「しっかり眠れる」ことにもつながりますし、結局一番子どものためになると思います。アメリカでは子どもは幼いうちから一人で寝ますし、当たり前のことです。「親と一緒に寝なければ」という神話は、必ずしも必要ありません。
 こういう話を生徒さんにすると、「そんな幼いころから?スパルタはできません。」と言われてしまうこともあります。そりゃそうですね。できない人もいるでしょう。でも、やれるなら早いうちからやることをお勧めです。子どもとの良い距離感も気に入ると思いますよ。
 ちなみに朝が弱いと始めたこの話ですが、夜仕事から家に帰るときも、やっぱり電車に間に合うようにダッシュしてしまう私。余裕がないのは結局しっかり寝ることの問題だけではないようだ。

2018年2月2日金曜日

スモール・ステップで勝ち負け、「負けて悔しい」を教える

 昨年から所沢市にお仕事で行かせていただくことになり、月に2回は名古屋と所沢との往復を続けております。所沢・・・・住宅街ですね。品川から結構距離ありますよねえ。せっかくあれぐらい時間かけて行くのだから、畑が多かったり、木が多かったり、そういった田舎感を求めていた私には納得いかないです。首都圏ってどこまで行っても、ちっとも田舎にならないのが名古屋人的には驚きです。こんだけ時間かけて行ったんだったら、空気ぐらい綺麗になってよ。温泉ぐらい湧いてよ。全く。まあ住宅街なので、基本静かで日中は人もまばら。特に観光で遠くから人が訪れそうなものはなさそうですが、そう言えば、西武球場って所沢ですよね。西武ライオンズの試合の日には、きっとライオンズのファンが西武球場に集まって、さぞ賑わうのでしょう。野球ファンではないが、ライオンズ頑張れ!
 野球のようなゲームの理解は、言葉の理解のない子どもには非常に難しいです。特に、自閉症だったりすると、理解力だけでなく、勝っても負けても「しれー」っとしているというか、嬉しいとか悔しいとかの感情が湧いてくる感じが一切ない場合も多い。勝った時に嬉しくて、負けたら悔しいと言う気持ちを感じられるようにするには、一体どうしたら良いでしょうかね?これが良いという正解はないですし、色々な教え方があるのでしょうが、簡単には教えられない課題です。今回私の教室で成功した例を紹介しますね。
 教室で(小集団で)、相撲を通して勝ち負けを教えてみました。相撲・・・特に相手を押し出すとか倒すとか、人と絡むのを嫌がる子どもも多いです。おもちゃの取り合いでは白熱する子どもも、いざ「押して良いよ」と言われると、尻込みしてしまいます。まずは、相撲の「どすこい」というか相撲っぽく押す感じを見せたくて、「どすこい体操」というYoutubeの動画を見せました。「どすこい、どすこい」の部分が早くてリズミカルで、大はしゃぎになり楽しめる子どもが多いです。
 次に、人ではなくダンボールで作った鬼(たまたま節分が近かったので)を押すことを教えてみました。ダンボールの中にコピー用紙を入れて重りにして(すぐ倒れないようにして)、下には滑りやすいように絨毯を引いて、ダンボールの表面には、わかりやすいように鬼の絵を貼ったりしました。そして、その鬼を押す見本を見せます。必要であれば手伝って子どもに鬼を押させて、できたらめちゃくちゃ褒めます。このやり方で、人を直接押すのではなくダンボールの鬼を押すことなら、比較的早い段階から楽しめるようになりました。「やりたい人!」と聞くと多くの子どもが手をあげるところまで行けました。
 その次に、実際に大人を相手に相撲にしてみます。最初は、後ろから手伝ってやりますが、徐々に先生を押すと先生が大げさに倒れてくれて、それが楽しいことを学習してきます。何度も勝って、褒められて、それが嬉しいようになったところで、負けさせます。ここが勝ち負けが本当にわかるかのテストです。今まで先生を押し出して褒められていたのに、突然先生から倒されるのです。ここで「悔しい」表情を見せたり、倒されても先生を押し返そうとすれば成功です。今まで勝ち負けのあるゲームには全然「しれー」っとして何の感情も見せなかった子どもの何人もが、勝って喜び、負けてがっかりする感情を見せるようになりました。そういう感情って、やっぱりあったんですね。まさか相撲が勝ち負けを教えるのに良いとは、驚きです。ただ、まだ勝ち負けを表情に出さない子どもも中にはいます。私の頑張りが足らないということですね。教育って、思い通りに簡単に行かないからこそ、本当に面白いですね。

2018年2月1日木曜日

子どもを泣かせる派?泣かせない派?

 久しぶりの投稿になってしまいました。
 私は普段、お母さん方に、または学校の先生などに子どもの教え方について指導差し上げる仕事をしています。しかし、いざ自分の子どもを連れて外に出ると、知らない方からお手伝いを受けたり、否定的なコメントを受けたりもします。教育には色々な考え方をする人がいますから、当然と言えば当然ですかね。
 ある朝長男を連れて児童館に遊びに行きました。午前中みっちり遊んだので、そろそろ家に帰ってご飯を食べようと長男に言うと、「まだ遊ぶの!」となかなか離れようとしません。「もうしっかり遊んだでしょ?また来ようね。お腹空いたよね。おうちでご飯食べよう。」と手を引いて行こうとすると、長男が足をバタバタさせて泣き出しました。すると児童館の職員が素早く寄ってきて、あやそうとしてくれます。「どうしたの?大丈夫、大丈夫!ほら、お靴履こうか?やった!履けた!」おかげで長男の機嫌も直り、そのまま帰宅することになります。
 「大丈夫」は、何か痛いことや辛いことがあった人に言う言葉ですよね。この場合は何も痛いことや辛いことはなかったのですから、結論から言えばこの対応はおかしいです。泣いた理由は「帰りたくない」ですから、ただ残念だったのです。残念なことがあって泣いたら、世の中いつも欲しい物が手に入るわけではないので、残念だけれども、他の楽しいことを考えることを学習して欲しいのです。ですから、「残念だね。でもパパが言った通り帰ると、良いことあるよ。」で良いのです。それでも泣き止まなければ、私は子どもを泣かせたまま児童館を去っても全然問題がないと思います。帰ったら、美味しいご飯が待っているわけですから。それも含めて体験させてあげることが、教育ということです。泣いたら理由も関係なくあやすのはおかしいのです。
 泣く子どもに「大丈夫」とすぐに大人が寄って来てあやすのは、痛いことや辛いことがあった場合は必要なのですが、ただ残念なことがあっただけの場合には、むしろ逆効果になります。「残念なことがあれば泣く」=「周りが寄って来て色々としてくれる」と言う構図ができてしまうと、将来何かやりたくないことがあればただ泣いてしまう行動傾向が着いてしまい、大きな目では逆効果になりかねないのです。子どもの泣いた理由によってその時の対応を変えるのが適切であり、効果的な教育方法なのです。
 子どもの泣く行動全般に対してアレルギーのある方は他の場面でもよく見られます。私が子どもにオモチャの片付けをさせて、子どもが嫌がって泣いていたとすると、「厳しいのねえ」「そんなにやらせるんですか?」というような批判的な声を聞くこともあり、「(年齢や発達に応じて)できることはやらせる」という当然のことすら嫌がる親も多いような印象を受けます。「子どもの内面からの動機を育めば、無理にやらせなくても自分からやるようになる」というような何の科学的根拠もない考え方を言う教育の専門家が多くいるからかもしれません。「餓鬼(ガキ)」という言葉が子どもを意味する言葉に使われるようになったのは、子どものうちはお腹が一杯でも好きなものは際限なく食べてしまったり、自分の好きなことだけをやって嫌なことは逃げようとしたり、そう言った側面が多く見られるからです。もちろん待っているだけで勝手に色々とできるようになる子どももいますが、だからと言ってすべての子どもにそれを期待するのはおかしな話です。子どもは大人が教育する必要があるのです。良いことは良い、悪いことは悪いと、小さい頃から少しずつ教えていくのは親の当然の義務だと思います。
 「そんなにやらせるって・・・ただ片付けさせてるだけじゃん。片付けさえもやらせないんだ・・・。」ぼんやり思いながらも、まあ親切心で言ってくれている人に対して申し訳ないので黙ったまま、そして心の中では悶々としながら帰途につく今日この頃です。

2016年11月18日金曜日

将来の学校教育に向けて、集団療育を考える

 家から徒歩30秒の教室から、電車に乗って通勤する教室に移動し、はや3ヶ月目です。実は私は中年になるまで今まで一度も通勤電車というものに乗ったことがないのです。朝の通勤電車も面白いですよね。人生経験が大切だ。気が付いたことは、名古屋は満員に近いくらい人が多くなってきても、車両の奥に人が流れていかないんです。ですから、車両のドア付近に人がたくさんでも、奥の方は以外と空いていたりします。東京では毎朝とんでもない人の量ですから、奥に人を入れないという選択肢は絶対にあり得ないのですが、名古屋ではドア付近に乗っいる人はそのまま奥に移動せず、次に人が乗って来ようとしても場所も開けてくれません。「なんで場所開けてくれないの?」といつも思いながら人を押しのけて毎日電車に乗ります。所詮名古屋人は他人のことなんて、どうでも良いのでしょうか?
 よくよく考えると、名古屋の人は東京のように大量の人に慣れていないからかな、とも思います。名古屋の(少なくとも私の乗る)電車は最初からそんなに満員にならないのです。東京のように押し込んで人を乗せるところとは違うのです。一度大雨で電車が遅れた時も、いつもと比べれば超満員なのですが、電車の奥にはそれほど人が流れないままドア付近だけ人が詰め込まれるために、結局人が乗れないままドアが閉められてしまいました。乗る人も、「次の電車に乗れば良いか・・・」程度なのか、皆我慢して次の電車を待っていました。いや、一人だけいました。怒って柱を蹴っていた人がいました。びっくりしました。人前で柱を蹴るなんて・・・そっか、そんなに電車乗れなかったのが辛かったんだ・・・。もしや、うちの教室に来る系かしら・・・。これが東京だと、「乗れないから、次の電車に・・・」なんて言っていたら、1時間待っても電車に乗れないですよね。みんなどんどん押して車両の中までぎゅうぎゅう詰めにしますよね。やはり東京のような場所に住むと、大量の人にどう対処して良いのか徐々に学ぶのでしょう。
 新しい教室に来て、場所が広くなり、やや大きめのグループを作ることができるようになりました。素晴らしいことです。気づいたことですが、2人のグループに慣れている子が4人になると、4人のグループに慣れている子が6人になると、人数に合わせた行動ができずに、これまで問題行動がなかったお子様にも問題行動が出ることもあるのです。例えば、おやつの時間を取っても、2人が4人になれば、おやつが回ってくる待ち時間は一気に倍に長くなります。同様に主活動でも、待ち時間が増えることで、今まで席につけていた子が非常に席に座れなかったりするのです。専門用語で言うと「強化のスケジュール」と言いますが、今まで30秒に一度「はい」と手をあげればおやつがもらえたところが、突然1分に一度しかもらえなくなるということです。対処としては、一回に子どもに与えるおやつの量を一時的にでも多くして調節することで(食べる時間を増やして待ち時間を相対的にコントロールする)、一気にではなく徐々に長い待ち時間にも慣らせていくことができ、泣き出したり席を立ったりする行動を下げることができます。
 1対1の個別の療育を長く続けていると、集団に連れて行った時に今まで個別では見られなかった問題行動が突然起こったり、個別ではできていた適切な行動ができなくなることがあります。なぜ集団ではできなくなるのでしょう?これも「強化のスケジュール」という観点からに分析できます。私の教室で比較的早い段階から集団を行うのは、このためです。早いうちに集団での強化のスケジュールに慣れさせて、「個別の療育だけでしか学べない子」ではなく、できるだけ「小学校では小学校の先生から学べる子」に育てていきたいからです。
 もちろんそれ程簡単なことではありません。強化のスケジュールだけではない色々な難しさもあります。例えば、個別ではその子に完璧に合わせた課題を提供することができるのに対して、集団ではそれぞれに難易度を合わせることが難しいことも多いです。一人が泣くと、次の子にも連鎖して大合唱になり、うるさくて課題の指示が聞こえないこともあります。オモチャの取り合いも、友達がいるからこそ初めて生まれます。走り回って友達と思わずぶつかってしまうことも出ます。でも、集団だからこそ、「友達がやっているから、やってみたい」といった動機が高まることもあり、また一人ではない皆がいるからこその盛り上がりと言うか、楽しい瞬間もあるのです。私の経験からすると、難しい瞬間も多々ありますが、集団の方が絶対に楽しいのです。だから集団はやめられない。

2016年10月2日日曜日

ABA療育の早期療育は週何時間が良い?

 自閉症のお子様に対するABAの早期療育とは、だいたいどれくらいやれば効果があるのでしょうか?通常は、1日何時間くらいするものなのでしょうか?結論から言うと、基本的に研究で効果があるとされているのは、週に20から25時間なのです。土日は除いて、月曜から金曜まで1日5時間ずつ毎日療育するということです。かなり大変な時間の作業ですよね。この時間を聞いたことがある方も多いと思います。英語では、Early Intensive Behavior Intervention (EIBI)などとも言われ、幼いうち(早期、Early)に、集中(Intensive)して、行動(Behavior)の介入(Intervention)を行う、という意味です。
 最近では、特に東京近辺ではABAの療育をするとう療育機関が少しずつ増えてきています。では、日本では1日5時間、週25時間程度の療育をされているところは、どれくらいあるのでしょうか?私の知っている限り、ほぼないと申し上げて良いでしょう。どうしてでしょうか?結局のところ、資金の欠如というところが一番大きな要因でしょう。週25時間、子どもにABAの療育を出そうとすると、しかもトレーニングを受けた専門家を含んだ療育のチームを用意するとなると、年間1千万円以上の金額になったとしておおかしくはないでしょう。ただし、裕福な家庭は日本にもあるはずです。裕福な家庭は、こういった療育を行っているのでしょうか?アメリカでABAのサービスを長年提供してきた老舗の企業が、実は過去に日本にも参入したことがありました。もちろん裕福な家庭のみの対象ではありますが、ABAの療育を提供しようとしました。しかし日本では成功せずに、数年で撤退しました。同じ企業が、アメリカだけでなく香港や他の土地では成功を収めて、現在も存続しています。日本だけで成功しないというのは、残念な結果ですね。日本で本場アメリカの老舗の企業が提供するABAのサービスが成功できなかった理由はさておき、こうした過去の経緯もあって、現在日本では週に2時間から、多くても10時間という時間のABAのサービスを提供する企業がほとんどです。これは一体どういう意味なのでしょうか?
 医療の例を取り上げれば、例えば腰痛に効果的な薬があったとします。研究で毎日5mgを、一週間に25mgを投与することが効果的とされているとします。全員には効果がないけれど、場合によっては1、2年で劇的に痛みを解消するとします。しかし、まだ健康保険が適応されないがために、この量の薬の投与を継続するには、年間1千万円かかるとします。では、お金が足らないからといって、1週間に2mg投与しますか?だいたい、効果の認められていない量での薬の投与が医学会で認められるとは思いません。少ない量では、せっかく効果があることも、効果がないかもしれないからです。
 現在私の運営・監督する教室でも、最大週に8時間しか療育が受けられません。「ABAをやってみたい」という要求(需要)は多いものの、専門家がすすめる(研究で証明されている)週に25時間をやりたいという要望は、ほぼないのです。苦肉の索として、実際の専門家による療育時間は少なくても、保護者の方のどなたか(ほぼお母様)に私の提供する1回2時間の療育に参加していただくことで、その療育をご家庭でも継続してやっていただくことで、できるだけ1日5時間(週25時間)の効果に近づけたいという方法を取っています。しかし、児童発達支援事業として認可を受けて金額的に10分の1近くなった今でも、週に1回だけとか、1月に1回や2回だけ、というようなご要望があると、私の説明不足・啓発不足が悔やまれてなりません。
 また、私はABAで博士号を取得しており、10年以上の経験があります。この教育と経験を持った竹島であれば、月に1回の療育でも効果があるような幻想を与えてしまうことがあるようです。私の療育は、それをご家庭でお母様・お父様が継続してやっていただかなければ、効果はありません。また、私が教育や経験の少ないセラピストをスーパーバイズ・監督して、その人が継続的に療育を行うことで、効果的な療育を行うこともできます。実際のところ、研究では私のような博士号を持ったセラピストが直接療育を行うことは皆無です。それは、お医者さんに毎日診て欲しいと要望するようなもので、現実的でないからです。代わりに、経験があり教育を受けた人がスーパバイズすることで、そこまで教育や経験のない人が療育を行っても、効果があることが証明されているのです。
 できるだけ皆様に、科学的な事実に基づいた情報が届けられることを、そして本当に効果的な療育ができるだけ多くの方に届けられることをこれからも願っております。

2016年9月19日月曜日

2016年日本行動分析学会ポスター発表

 大阪市立大学で行われた日本行動分析学会に参加してきました。日本の行動分析学会では、私は特にポスター発表が好きなんですよね。発表の質が良いということも理由の一つなのですが、参加者(聴衆)が一つ一つのポスター発表を真剣に聞いてくれている感じが良い。アメリカの学会のポスター発表はなんとなく社交場なイメージがあって、終了15分前にはみんな片付けていなくなっちゃうこともあるのですが、日本のだと時間が終わってもみんなまだ真剣に話し込んでいる。発表者も楽しそうです。
 今回の私のイチオシは黒田君のゼブラフィッシュの発表ですね。(黒田君って言っても、愛知文教大学の専任講師の黒田敏数先生です。)ゼブラフィッシュの何がそんなに面白いのかと言うと、黒田先生曰く、ゼブラフィッシュは染色体の中身が完全にわかっている生き物の一つで、そのために医学の分野などでは個体の違いが完全に把握できる研究対象として、ネズミや他の動物よりも最近注目を浴びている動物なのだそうなのです。行動分析の分野での基礎研究ではネズミや鳩の研究が多く、ゼブラフィッシュの過去の研究はほとんどわかっておらず、行動の特徴などもこれから解明するしかないようです。しかし、行動の科学で培われた研究方法を使ってそういった動物の行動を研究することで、医学やその他の分野では解明されなかった事実が解明されることもあるように思います。何よりも黒田君の発表の表情が本当に楽しそうで、やはり新しい誰もやらない分野の喜びというものがあるのでしょうか?まあ応用の分野にこういった基礎研究の結果が反映されるまでには10年単位の時間が必要なのでしょうが、やはり日本は基礎研究が得意ですし、新しい発展を期待したい。
 もう一つは、常磐大学の助教授の菅佐原先生の携帯アプリにおけるゲーム場面での課金行動の研究ですね。「ゲームの課金行動」って・・・・こうなると自閉症とは一切関係がないようにも思われますが、うーん、やっぱり普段ない知的な刺激を求めているのでしょうか?
 とにくかく、基礎研究の方の言われる意見というのは、刺激がある。普段臨床現場では当たり前に無視してしまっている大切な行動の原理や、当たり前にやっているが何の科学的実証もない習慣など、「やっぱり行動の科学をやっている人として、おかしいんじゃないの?」と単純な疑問を率直に投げかけられてしまうのです。
 よし、また明日からも素直に頑張ろう。

2016年6月22日水曜日

NHK「あさイチ」で取り上げられたABA

 今日6月22日(水)にNHKの「あさイチ」でABAが取り上げられました。過去にテレビで自閉症が取り上げられた際には、比較的短い放映時間で、しかも半分以上「早期発見が大切」とか「まだ実用化されていない最新研究」などが大きく幅をとってしまって、「ABA」という言葉も出てこなかったり、「診断を受けてから、親が子どもにしてあげられる教育」にはあまり焦点が置かれないこともありました。今回は「発達障がいとABAについて」の特集だったからでしょうか、ABAとABAを使った実際の療育の場面が、1時間以上も紹介されており、非常に満足できる内容だったと思います。例えば、専門家の元で指導を受けながら療育を続ける親の姿、療育を受ける前とその後の様子、特に「褒める」という言葉を使ってABAの療育が紹介されていました。また、自閉症だけではなくADHD/ADDやLDも含めた発達障がい全般に向けての情報になっており、よりたくさんの方へ向けて発信されたことも良かったと思います。今後朝の時間ではなく、いろんな方が見られる夕方以降の時間で放映される番組でも紹介されるようになると良いですね。出演されたご家族の方、専門家の方もお疲れ様でした。
 今現在でも、自閉症や発達障がいの診断を受けたり、もしくはその疑いが危惧される場合に、公的機関や専門家から「ちょっと様子を見ましょう」と療育を先延ばしされることもあると聞きます。より多くの機会でABAや療育が紹介され認知度が上がり、診断を機に1つでも具体的に親が何をすれば良いのか教えてくれるようなシステムに、さらには、紹介された徳島県のように、公的機関でもABAを使った教育が受けられるような体制に徐々に変わっていくと嬉しいです。
 今度福島県での取り組みもテレビで紹介されて欲しいですね。